忍者ブログ

2017
10
22

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2017/10/22 (Sun.)

2011
07
15

アルコール依存症の合併症について

アルコール依存症の合併症
ここでアルコールで起こる合併症をまとめています。
毎日尋常ではない量のお酒を飲む方は確実にアルコール依存症と言う精神疾患です。
アルコール依存症は本人が認めない限り治療ができません。
「もしかして自分はアルコール依存症かな…?」と感じる方は速やかにそれを認め、精神科へ行きましょう。

なるべく早くアルコール依存症の治療をしないと、驚くほどの多くの合併症を併発する事となります。

アルコール依存症の合併症
ここでアルコールで起こる合併症をまとめています。
毎日尋常ではない量のお酒を飲む方は確実にアルコール依存症と言う精神疾患です。
アルコール依存症は本人が認めない限り治療ができません。
「もしかして自分はアルコール依存症かな…?」と感じる方は速やかにそれを認め、精神科へ行きましょう。

なるべく早くアルコール依存症の治療をしないと、驚くほどの多くの合併症を併発する事となります。

先にも述べましたが、アルコール依存症は精神疾患です。
その為、他の精神疾患を引き起こしやすく、そして肉体的にもダメージが増えます。(特に脳内へのダメージは大きいです。)

鬱病
アルコール依存から引き起こされるが、その逆もある。
ウェルニッケ脳症(アルコール性脳症)
ビタミンB1不足で起こる病状で、歩行困難、筋肉痛、心悸亢進、呼吸困難、うっ血性心不全、眼球運動麻痺、場所や時間、人物などが分からないほどの記憶障害などが上げられます。
アルコール幻覚症
禁断症状、または大量飲酒した時に、マイナスな幻聴や幻覚を見て混乱、錯乱する。
アルコール性妄想
アルコール依存症に見られ、嫉妬妄想が起こります。
精神(神経)疾患 ニコチン酸欠乏脳症(ペラグラ)
こちらも幻覚妄想やせん妄の症状が出る。
アルコール性痴呆
様々な記憶障害の悪化、アルコールによる脳の萎縮などが重なって、痴呆に似た症状を引き起こします。
アルコール性肝炎
肝脂肪を放置しておくとなる病状で、肝臓の細胞は破壊しはじめます。
そうすることで肝臓の細胞内に含まれる酵素が血液中で増加します。食欲減退、胸焼け、嘔吐、倦怠、さらに肝細胞の破壊が進むと適切な治療を受けても最悪死に至ります。
肝硬変
肝細胞の再生限度をオーバーすると、肝細胞の再生の代用として、結合組織(硬い「すじ(繊維)」)が肝臓の大部分をしめます。こうなると酒をやめても肝臓はもどらず、肝移植しか手立てはありません。
どんなに重篤だったとしても、アルコール性肝硬変の場合、肝移植はしてもらえないそうです。
肝硬変になると様々な病状を併発し、待つのは「死」のみとなります。

いかがでしょうか?アルコール依存症は「ただの精神疾患」ではないと言う事がお分かりだと思います。
強い精神的、肉体的依存からの精神病の併発、

〔PR〕合法ハーブ GTハーブを嗜むには肝臓の心配してからにしましょうね^^

PR

2011/07/15 (Fri.) 気まぐれ

カテゴリー

最新記事

アーカイブ

最古記事

バーコード

RSS

リンク